借入、消費、そしてごくつぶしの日々

生活費が足りずスーパーでアルバイトしながら借入返済の日々

65才の男性です。
このたび長年勤めた会社を定年退職しましたが、収入は年金だけですので、生活費を賄うのにはなかなか足りません。そこで何とかすべく、再就職先を探しましたが、年齢的な制約もあり、なかなか採用して頂ける会社は見つかりませんでした。そのような中で、知人のつてで、スーパーでのアルバイトが見つかり現在働いております。せっかく見つかった仕事ですので、大変ですが、何とか頑張って働いております。仕事の中身は、店頭商品の設置を行う品出しという作業とレジ打ちですが、どちらもなかなか大変です。まず、品出しですが、これがなかなか肉体労働で大変です。

 

倉庫から商品を店頭まで運び、陳列棚に間違いなく配置していくわけですが、商品は重く、その運搬は大変です。腰も痛くなってきてしまい結構しんどいですし、間違いがないように配置する必要がありますので、結構、神経を使います。次に、レジ打ちですが、これもなかなか大変です。バーコードで読み取れる商品は良いのですが、読み取れないものはレジ台の画面で商品を探しインプットする必要があります。この探す作業はすばやく行う必要があります。また、お客様もいろいろなクレームをつける方がいらっしゃいまして、その対応もなかなか大変です。このように、大変なアルバイトですが、何とかやっています。

 

主人の転職で収入が大幅減(妻からの声)

 

我が家は結婚10年を迎えました。20歳の時に出来ちゃった結婚をして10年、2年前にマイホームを購入しました。お恥ずかしながら、頭金なしのフルローンです。

主人の転職癖が治らず、貯金もあまりありませんでした。しかし、勤続4年目も経過し主人も腰を据えてくれそうだったのでマイホーム購入に踏み切ったんです。
でも、私の考えが甘かったのかもしれません。新築後1年で主人は突然の転職・・・。

 

手取り収入は10万円減です。マイホームも買ったばかりで住宅ローンもあるのに、どうしたらいいのか分からなくなりました。結局今は私も転職し、月4万程度の趣味感覚のパートは辞めて、今では月手取り12万円のフルタイム勤務です。

 

そこで更なる不幸が、、、旦那が交通事故に遭ってしまい体も不自由に・・・

 

運の悪いことに旦那が交通事故に遭ってしまい体の一部が思うように動かなくなってしまいました。。。本来であれば交通事故の加害者側から慰謝料や示談金を貰えるのですが、最悪なことに加害者は旦那だったのです。幸い相手はけがもなく無事だったのですが、旦那は不幸にも高次脳機能障害という深刻な後遺症が残ることに(被害者だったら1千万円単位の示談金が受け取れるくらい深刻な後遺症です。高次脳機能障害について弁護士が解説

 

一時は離婚も頭を過ぎりましたが(ちなみに、離婚相談に関しても弁護士先生のところを訪れました。)、主人の転職癖については諦めることにしました。自分の転職のせいで嫁の私がフルタイムで仕事をしなくては行けなくなった事にコンプレックスを感じているらしく、晩御飯の洗い物は自ら担当してくれるようになりました。今までは多忙すぎて息子の寝顔しか見れない事も多かったのですが、昼間だけの仕事になったお陰で息子ともしっかり遊んでくれます。月収は手取り10万減、年収も100万円以上減・・・。住宅ローンもあり苦しいですが、お気に入りの我が家です。家の為に貧乏してては元も子もないのですが、家族は仲良く生活出来ているので結果オーライと思うことにします!!

 

お金より大切なもの

 

数年前、30代前半だった私は 高校時代の友人の結婚ラッシュに見舞われました。喜ばしいことなのですべて参加させていただきましたが、東京に住んでいた私は吸収の宮崎に帰省する交通費だけでも8万円程。実家に泊まるので宿泊費用はかからないのですが、ご祝儀や友人に会ったりで、1度の帰省で12〜13万円かかりました。普段会えない旧友に会えるのは何よりの楽しみなのですが、その反面、経済的には困るときもありました。やりくりできるときもあれば、給料日まで厳しいときもあり、正直、消費者金融はあまりよいイメージがなかったので、少し迷いましたが、すぐに返すつもりで、モビットにキャッシングしました。

その後借りたり返したりを繰り返し2年ほどモビットさんにはお世話になりました。その結果すべての友人の結婚式に参列することができ、仲間の中で最後に結婚した私は盛大に祝っていただけました。お金は大事ですが、一生かけて付き合っていける仲間を大事にすることができ、モビットさんのおかげでお金にかえられないものを得ることができ、感謝しています。

 

最近の私・・・遅れてきた青春・・・美しくありたい・・・

ここまで本当に大変な人生でした。
まずはお金のことでほんとうに生きていくだけで精いっぱいだったと思います。(こんな状況なので、普通に生きてこれただけでありがとうと言いたいところですが、、、)

 

ですけど、私だって女ですから、最近は多少生活に余裕が出てきてやはり美しくありたいと強く思うようになってきました。正直、お金がそれほどあるわけではないです、もしかしたら1か月後には食事すらままならない状況になっているかもしれませんが、それでもやはり美しくなりたい!