キャッシングの影響

キャッシングの影響は?ネガティブ面を考える

キャッシングはわりと気軽にできる世の中ですが、それが原因で将来マイホームが持てない可能性もあります。マイホームを持つ際にたいがいの人が組む住宅ローン。その住宅ローンの審査に通らない可能性があるのです。気軽にしたキャッシングの返済がつい遅れてしまうと、その遅れた事実が個人信用情報というものに記録されるらしいです。きちんと返済されたらいつ返済されました、という記録も残ります。

 

もしもそのまま返済のめどが立たず、債務整理や自己破産をしてももちろん残ります。自己破産になると官報というものにも載ります。自己破産からは、10年くらいたった上で、しっかりと収入があって、借入したことのない金融機関からだったら住宅ローンが組めるようになるようですが、だいぶ選べなくなると思いませんか?気軽にしたキャッシングが元で、金利の高い住宅ローンしか組めない、なんてこともあるかも?もっと身近なところで、債務整理や自己破産すると数年はスマホを分割で買うことすらできませんしね。