総量規制について

総量規制について

多重債務者が増える中、2010年に貸金業界に対する、総量規制の法律が誕生しました。原則として、年収の3分の1以上の借り入れや貸し付けを行ってはいけないというルールです。この法律が出来て、借りすぎにより生活が破綻する事を抑制する効果が多少あったと思います。しかし、一部では生活をするために借り入れをしていた方が、困っている現状もあります。

 

この総量規制の法律は、銀行系カードローンは対象外となっているため、銀行系カードローンを利用されている方にとっては、大きな影響はありません。ただ、銀行系カードローンは消費者金融に比べると審査が厳しいところが多く、審査に通らなかった人たちが消費者金融のキャッシングに流れているというのが現状だと思います。長い目で見ると、総量規制により借りすぎを抑制しているので、多重債務に苦しむ人たちが減り、安定した生活をする方が増える傾向に変わっていくと思いますが、現在お金に困っている人たちを助ける方法は何か考えていかないといけないのかもしれません。